暴落したタイミングを狙って米国株を買い足しました!
スポンサーリンク

こんにちは!ポニーです。

10月頭にはじめて米国株を買ってから、はや1ヶ月が経とうとしています。

スポンサーリンク

今回購入した銘柄・購入理由

ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)とマクドナルド(MCD)とIBMです。

どちらもグローバル起業ですね。

3つとも、購入したのは「暴落したタイミング」

初心者でもはじめやすい株の買い方に、「暴落したタイミングを狙う」というものがあります。

経験則として、大きい会社の場合は一時的なスキャンダルなどで株価が下がっても、その後戻ることが多いのです。なので、暴落したタイミングはわかりやすい買い時です。

この1ヶ月で何度かそのようなタイミングがあったので、挑戦してみました。

ジョンソンエンドジョンソン(JNJ)

医療機器や化粧品、日用品メーカーのジョンソンエンドジョンソン。

日本でも多数売られています。赤ちゃんいる家庭では、ボディクリームなどかなりお世話になっています。

先日の18日ごろに自主リコールが発生して、株価が暴落していました。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は「ベビーパウダー」の一部をリコール(自主回収)する。オンラインで購入されたボトル1本のサンプルから微量のアスベストが検出されたためだ。

〜中略〜

18日の米株式市場でJ&Jは6.2%安の127.70ドルで取引を終え、2018年12月以来の大幅下落となった。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-10-19/PZLVAJDWX2Q301

私は129.0ドルで2株購入しました。現在132ドルくらいまで上がっています。

マクドナルド(MCD)

外食チェーン大手のマクドナルド。日本マクドナルドは東証で上場していて優待株としても有名ですが、
アメリカの本社もニューヨークで上場しています。

こちらが、22日に発表された決算の結果が予想を下回る結果だったらしく、株価が暴落。

決算前は205〜210ドルほどだったのが、一番低いときには191ドル台まで落ちています。

私は194ドルで2株、193ドルで2株買ってみました。その後さらに下がったのを見ると、もう少し待てばよかったかもな〜と思ったり・・・。買った後に言ってももう遅いのですけどね〜(^^;

本日いきなり3ドルほど上がり、196ドルまで上がりました。

IBM

大手ITメーカー・ベンダーのIBM。日本でも大きい市場を持っている会社です。

最近は、AI関連に感心が高いのもありIT銘柄は上がり気味という話も聞きますね。
IBMは「ワトソン」などAIに関しては古くから先進的な取り組みをし続けていた企業でもあります。

ですが、肝心の株価はあんまりよくなさそうです。5年分の株価チャートを見てみると、

うーん日本株のようなブレブレっぷり。
NYダウは綺麗に上昇曲線を描いているにもかかわらず、IBMの株価はこの調子です。
どうやらここのところずっと業績が芳しくないよう。

10月17日に発表された第3四半期決算では売上は予想を上回る結果だったようですが、株価は下落。もうよくわかりません。Q2発表のときもそんな調子だったようです。ここについては、下がっても上がるという経験則が通用しない雰囲気があります。

下がったタイミングで2株だけ購入しました。

株価は上下し続けていますが、増配はずっとずっと続けているようで、配当利回りが高いのです。
現在の利回りでいうと年間6.48ドル。私は135ドルほどで買ったので、4.8%になります。結構高いです。

ただ、株価が上がってくれないと増配もどこかで止まるし、含み損が出てくるとそれどころじゃありません。

クラウド系サービスが伸びているぶん、メーカー・ベンダは賢く生き残らないといけない時代になったんですね・・・。そういう期待減も投資家から避けられる要因になってそうです。ソフトウェアは比較的好調のようです。先日買収したRedhatの事業にも期待が寄せられますが、思ったほど効果が出ていないという分析らしく、どうなるかわかりません。

あまり熱く語ってると本業がバレそうなのでこれくらいにしておきます(笑)

スポンサーリンク

結果まとめ

この2週間、暴落したタイミングを狙って購入した銘柄を紹介しました。

やはり短期間で戻っていて、現在こんな感じです。

MCDの戻りがいい味出してます。

日本円でいうと14万程度の出資でしょうか。なので、数パーセントあがっても雀の涙です(^^;
もっと大きな額出せるようになってくると、数パーセントが大きく出るのだろうなと思います。

ちなみに、前回購入したMSFT(マイクロソフト)も少しずつ買い増してます。
こちらも株価が上がってくれて嬉しいことになってます。

これで、米国株への投資は30万ほどになりました。
今現金で買おうか悩んでいる築古高利回りの不動産があるので、もしそちらに現金が足りなければ売って利確してそちらにまわしてしまうかもしれません。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク
おすすめの記事