楽天スーパーポイント投資の月例報告(2019/11) 月例報告始めます
スポンサーリンク

こんにちは!ポニーです。

楽天スーパーポイントのポイント投資について、
拠出額や運用状況をご報告していきたいと思います。

今後は拠出額や保有残高をエクセルにまとめながら推移を出していけると良いなと思っています。

studiographicさんによる写真ACからの写真
スポンサーリンク

ポイント投資とは

楽天スーパーポイントは、「通常ポイント」と「期間限定ポイント」の2種類があります。

期間限定ポイントは、有効期限が決まっていてそれまでに使わなければ消滅するポイントです。

そのうち、「通常ポイント」の中でも、楽天のサービス利用で得られたもの(他サービスからのポイント移行ではないもの)は、楽天証券の投資信託を買えるサービスが昨年夏から始まっていました。

最近では、日本国内株も買えるようになりました。

投信や株に変換することで、ポイントを換金できるに等しい状態となっています。

類似のサービスでは、SBI証券がTポイントで投信を買えるサービスを最近開始しています。

楽天スーパーポイントは、お買い物に使うこともできますが、
買い物の時はクレカ(特に楽天カード)で支払いをしたほうがポイントの還元率がいいので、お買い物にポイントを使うのは最低限にしたいところです。

そのため、通常ポイントの行き先は、楽天証券のポイント投資はお買い物に使うよりもいいと考えられます。

ちなみに、さらに効率を上げようとすると、楽天カードで投信を買うとポイント1%が付く(上限月5万)→楽天カードの支払いにポイントを充てるという手があります。通常ポイントは、楽天カードの支払いにも充てられるのです。

ポイント投資の方針

私は、「手に入れた通常ポイントを手に入れた時点ですべて投資にまわす」という方針で、楽天証券の投信口座(特定)を使用しています。

楽天のポイントは、楽天モバイルの支払いにも充てているので、タイミングが悪いと通常ポイントが引かれていることがあります。それでどうというわけではないのですが、通常ポイントをどれだけ稼いだかがわかりにくくなってしまいます。
また、私はチャートや市場に詳しいわけではないので、拠出タイミングの良し悪しはまだよくわかりません。そのため、「ポイントが有効になったら即拠出する」という方針にしています。

スポンサーリンク

今月の結果

現時点の保有残高

2019/11/7時点は以下になりました。

ちょうど1年前くらいに初めたので、平均して月1万円分くらいのポイントを積み立てているような状態です。

米国市場が調子いいからか、楽天全米株式インデックス・ファンドがどんどん上がっていますね。

先月の拠出金額

先月はポイントで以下のように買っています。(配当再投資分を含む)

J-REITがまだまだ調子が良さそうということで、明治安田J-REIT戦略ファンドを購入してみました。

先月の拠出ポイントは22007ポイントでした。楽天スーパーセール・お買い物マラソンのタイミングで子供関係の大きめの買い物が続いたので、ポイントも多めですね。

スポンサーリンク

おわりに

先月のポイント拠出と現時点の保有残高を報告しました!

これからブログで月例報告をするにあたって、今後ちゃんとデータをまとめたりしていこうと思っていますので、よろしくおねがいします♪

スポンサーリンク
おすすめの記事