DWEの名義変更手続きと教材探しと注文
スポンサーリンク

こんにちは!ポニーです。

前回、ディズニー英語システム(DWE)に登録することにした話を書きました。

無事に会員登録をすることができ、実家にある教材も送ってもらったりしました。

今日はそのお話を書いていきます。

スポンサーリンク

どの教材があるのか?

実際のところ実家にどれくらい教材があるのか?という疑問。

ネット上の情報、フリマアプリで出品してある中古教材、アドバイザーさんから口頭で聞いた話と自分の過去の記憶をすり合わせながら、親にLINEで聞いていましたが、あんまりはっきりせず。

コールセンターに電話

名義変更の手続きについて問い合わせるついでに、ワールドファミリーのコンタクトセンターに電話して購入した教材を問い合わせました。

シングアロングセット、トークアロングカード、ファンウィズワーズ、ストーリーブックセット、Q&Aカードの名義があると言われました。何その組み合わせ?!

なんと、本編の映像(ストレートプレイ)やメインプログラムはあると思ってたのですがなかったです。昔見た記憶のある宝箱やジミニークリケットは何だったのだろうか・・・母も中古で買い集めたりしていたのか、友達の家などで見たものだったのか。

本編の絵本と思っていたものは、「ストーリーブックセットというもう販売していない教材なら購入されてます」とのこと。2006年頃に廃盤になったもので、本編のストーリーの簡略版の、ストーリー読み上げCD+絵本の教材です。アクティビティブックもあるようですが、ライトライトペンを紛失してしまっているとのこと。代用品を探さなければいけません。

トークアロングカードは私の記憶にあるものは磁気カードだったのですが、実家から送ってもらったらデジタル版(しかもほぼ新品の綺麗な機器とカード・・・)にアップグレードされていて、さらにQ&Aカードも買い足してました。こちらも綺麗。

Q&Aカードは比較的最近(といっても10数年前ですが)に出た教材のはずで、それを追加購入していたことも結構驚きました。

どうやら最初からフルセットを買ったりしておらず、結構ツギハギで購入してたみたいです。実家にあるものを送ってもらいました。

あったものは、

  • シングアロングセット(CD、絵本、ガイド、ポスター)
  • トークアロングセット(プレイメイト、カード、マイク)
  • Q&Aカード
  • ストーリーブックセット(CD、絵本。ライトライトペンは紛失)

だいぶ古びていたので会員登録後に無料交換サービスを利用するのですが、そのお話はまた後日書きます。

スポンサーリンク

教材名義変更

母から私へ教材名義の変更をする手続きをしました。

これは私ではなく現在の名義人である母から電話をしなければいけませんでした。

母から電話をすると2〜3日で、名義変更のための書類が実家に到着。

必要なものは、親子共の身分証と、親子関係を証明するための戸籍謄本。返送用のレターパックもつけてくれていて、親切です。

必要な書類を集めてもらい、私の家へ送ってもらいました。

また、引き落とし用の口座登録のための書類も同封されていましたが、必須ではないとのこと。私はそのまま会員登録するつもりだったのでそれも記入して返送しました。

返送後3日ほどで、名義変更完了のお手紙が届きました。あっさりしたものです。

名義変更か、新規購入か

会員登録する際に教材を購入すると入会金(25000程度)が無料になること、プレイアロングセットは中古(1万程度)を見せてとても良かったので購入することにしました。ライトブルーCAPにも挑戦できますし。

最初にお話を聞いたアドバイザーさん(販売員さん)と話して、名義変更をせずに自分の名義で教材を購入して登録するという手もある、というお話をされました。

親の代で購入していた古いシングアロングセットなどはビデオテープだったりして、もうビデオデッキを持っていないので厳しい。そして、自分名義に変更すると、"新規で購入"はすでに持っているからダメで、"アップグレード"という扱いになるそうです。

このアップグレードが、私の場合14万かかるということだったんです。これは購入してからの期間によるそうです。新規で買うと税込みで16万2800円です。

プレイアロングセットは正規購入するつもりだったのですが、新規でシングアロングセットを購入するなら、プレイアロングセットは無料でプレゼントされる。しかし、名義変更してアップグレード+プレイアロングを購入するなら、合わせて19万超になる、それなら名義変更せずにシングアロングセットを購入するのはどうか、と。

私の場合はそれ以外の教材のアップグレードは検討していなかったので数万円の差ですが、他にも複数の教材の名義変更とアップグレードと比較すると実は新規で正規購入したほうがずっと安いんですね。他の教材もアップグレードまでしていると一体いくらになるやら。名義変更制度、あんまり使えない・・・(^^;

  1. シングアロングセットを正規購入+プレイアロングは無料プレゼント→16万2800円
  2. 名義変更+シングアロングセットをアップグレード+プレイアロングを購入→19万超え
  3. 名義変更+プレイアロングを購入+中古でシングアロングセット(比較的最近のもの)→12万超程度

実家にある教材は、トークアロングカードはデジタル版にアップグレードしてあって、さらにQ&Aカードを追加購入していたことがわかりました。名義変更だと、これらの教材の保証特典を受けられたり、トークアロングを使ったCAP課題に応募できるということも大きかったです。プレイアロングセットがあれば、ライトブルーCAPに挑戦できるんですよね。

悩みましたが、シングアロングセットについては名義はある状態なんだからCAPもできるし、DVD版を中古で買えばいいという結論になり、選択肢3になりました。子役が変わった2017年くらいに発売されたものを中古で見つけて、7〜8万程度でした。もっと古いものでいいならもっと安くなると思います。

また、中古探しで少し目移りしてしまった結果ミッキーマジックペンセットも購入してしまいました。こちらは2万くらいです。

アドバイザーさんに連絡して、家に来てもらい、入会手続きとプレイアロングの購入手続きをさせてもらいました。クレカで支払い、その後1週間程度で教材が無事に到着。

入会手続きをしたので、ワールドファミリークラブのガイドブックやTelephone Englishのガイド、CAP Bookも送られてきました。

スポンサーリンク

2ヶ月ほど見せてみて

プレイアロングセット

子供に2ヶ月ほど、毎日1〜2回ずつ見せてみたところ。

上の子はもう1歳半ばなので、1〜2週間もすれば簡単な動作の真似はしますし、好きな曲はなんとなく口ずさんでるかな?と。プレイアロング1のUp Downなどは親が付き合ってあげると大喜びです。

1ヶ月もすると、映像で使われているおもちゃを自分で持ってきて遊ぶように。また、簡単な単語は真似をするようになりました。「Me」とか、「Bee」とかだけ言いながら遊んでいたりします。

教材とは関係なく、おもちゃの中でもカップを重ねたりは普段から遊んでいて楽しそうですね。

ミッキーマジックペン

正直タッチペン型の教材は親の私が何が面白いかわからなかったのですが、子供はとっても楽しそうに遊んでます。

子供の手の届く棚に絵本とミッキーマジックペンを置いておくと、自分で取り出してめくってタッチして空遠でます。

電源のON/OFFも自分でできますし、ページを捲ってSongの鳥のマークをタッチして好きな歌を聞いていることが多いです。他にもゲームの箇所をタッチして音楽が流れる部分だけ楽しんだりしています。ゲームとして楽しむのは先になりそうですね。

ただ、子供がタッチペンで遊んでいると、絵本がついビリっとやぶれがちです。タッチペン型教材なのに絵本がペラペラなんですよね(^^; 使わなくなったらまた中古で〜と思っていましたがこのままだと厳しそう。ペン本体も電子機器なので壊れやすいといいます。正規購入していたら安心なんでしょうね。

もし下の子も含め長く使うなら正規購入もアリか?と思ったのですが、正規で買うと10万くらいするんですね・・・。

気長に遊ばせ続けます

英語を覚えたり話したりするようになるのかはともかくとして、Eテレを見ているときのように楽しそうにしてくれているのが嬉しいです。

DWEのイベント類は中止になったりもしていてまだあまり活用できていませんが、オンラインコンテンツで遊んだりも少しずつ始めました。これもまた別の機会に。

ちなみに下の子はまだ5ヶ月、うつ伏せでテレビをぼーっと見る程度です。耳に入ってくれてるといいな。

英語がちゃんと耳に入っていたとしても効果を実感できるようになるのは結構先になると聞きます。あんまり焦らず、遊ばせていこうと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事