スポンサーリンク

こんにちは!ポニーです。

最近、とある副業を始めました。(副業の内容については触れません)

今回は、副業をするにあたって会社員のひとり法人にトライしたので、その流れなどをまとめていきます。

スポンサーリンク

ひとり法人設立をなぜやるか

会社員がひとり法人設立をなぜやるか。副業をするにあたって、法人があると便利だと思ったからです。

副業をやるだけなら個人事業主で十分です。一般的には、個人事業主として事業を始めて、ある程度規模が大きくなってきたら法人成りをすることが多いです。

ですが、会社員として一定の収入がある場合、事業が小さいうちから法人を作るメリットが大きく2つあります。

会社バレ防止税金対策です。

スポンサーリンク

会社バレ防止

副業の会社バレのきっかけ

副業禁止の会社は多いです。また、許可制だったりやりにくい雰囲気だったりも。

会社にバレるきっかけとしてよく言われることが、税金や社会保険関係です。会社には本業以外の収入も合算して住民税などの請求が行われるため、同じ収入の人よりも住民税が多いことで不審がられるかもしれない、と言われます。

(と、ネットではよく言われますが、副業や不動産投資などで収入の増減を申告したときに会社に怒られたという話は未だに見ないですね。そこまでチェックしている会社は少ないということでしょうか)

雑所得20万の枠に収まるなら確定申告は不要ですが、それ以上になると申告が必要なのでバレるきっかけになる!といわれます。

会社バレ防止策

対策として、1つ目の方法として、一般的には確定申告で「住民税の特別徴収をしない」を選択することで、住民税の請求が会社ではなく自宅に直接届くようになるというものがあります。この方法を取っている方は多いと思います。

ちなみに赤字の申告の場合特別徴収を選択しなくても会社に書類が行くという話もあります。これは私はやったことがないのでわかりません。

そして、2つ目の方法が、「法人として行う」ことです。

お金のやり取りを法人として行い、法人→自分の報酬は受け取らない、という方法です。

これなら副業等をしてお金をもらったとしても自分の税金の請求には一切関係ありません。

ただ、法人→自分の報酬をもらわない前提です。使えるのは法人経費で自宅を借りる、光熱費を払う、携帯を契約する、パソコンを買う、車を買うなどして個人支出を減らすことくらいです。

これは事業内容によってできるものとできないものとあるようです。持ち家の場合家賃を経費にできないので、私はそこのメリットは薄いです。

また、会社の登記簿を調べると代表の名前が出てしまうこともバレる可能性がある部分になるので、念を入れる人は配偶者を代表にしたりするようです。我が家は夫婦とも会社員なので、この手法は使えませんね。

スポンサーリンク

税金対策

税金対策(税率の話)

これは最近、法人税が安くなって出てきた手法のようです。

法人の利益には、法人税、法人住民税、事業税がかかります。

法人税(国税)は事業収入800万円以下で15%、800万円をこえる収入に対しては23.2%です。

法人住民税(自治体)は均等割といって、50人以下、資本金1000万以下の法人は7万円程度。これに利益の約17%がかかります。

また、法人事業税というものがあり、所得が年間400万以下の場合は3.4%ほど。

最近設立されたものに特別法人事業税というものがあります。これの計算は少し複雑なので割愛します。

上記を計算し、法人が払うべき税金は、所得金額が400万円以下の場合概ね約22%のようです。

事業規模が大きければ消費税の対象になりますが、資本金1000万以下、売上1000万以下でしたら関係ないと思っていいようです。

個人事業主の場合、本業と足した個人所得が900万を超えたあたりから、累進課税のせいもあり所得税率が33%と跳ね上がります。

個人事業主の収入だけで見てもらえるならいいのですが、本業の収入がある程度ある状態で副業の収入が合わさると、副業の収入への課税が高いだけでなく、下手をすると税率が上がったりします。これは厳しいです。

このような要素を勘案して、個人事業主にするか法人にするかを考えるようです。

税金対策(経費の話)

法人の場合個人事業主よりも経費にできる額が上がるといわれています。

代表例として、個人事業主の場合家賃や光熱費、通信費など自分の暮らしにも使う費用は事業に使う割合のみ経費参入しますが、法人の場合、法人名義で契約することで全額経費にできるというものがあります。

私の場合持ち家を住宅ローンを使って購入してしまっているので、法人名義で契約できる部分が少なくなってしまいます(^^;

このようにある程度経費にしてしまうことで、法人の所得を下げていくという手法を取ることができます。

上記の税率などと勘案すると良さそうです。

法人設立にトライすることに!

今回書いたものは私の法人設立目的になります。

家族や親族に報酬を渡す〜などの税金対策もありますが、我が家は使えそうにないです。家庭によっては夫婦でやったりするみたいですが、我が家では夫は不関与と決めているのでひとりでやることに。

副業がどれくらい軌道に乗るかわかりません。法人設立は費用もかかりますし、高い勉強代を払っただけになる可能性もありますが、副業をするために法人を持っているメリットもあると考えます。

将来的に本業を辞めた場合につながるノウハウやスキルを少しずつ作ることができるというメリットが一番大きいですね。

法人の口座にお金をプールしておけば副業の方を拡大するときの資金にもなるだろうな・・・と。うまくいくかはわかりません。利益が出たら法人税を払わなきゃいけませんし、確定申告も非常に大変な予感がします。

次回以降は、具体的な設立方法と使ったツールを紹介していきます!

スポンサーリンク
おすすめの記事