スポンサーリンク

こんにちは!ポニーです。

最近自宅を購入したので、その体験談を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

住宅購入のきっかけ

前回住んでいた家は、50平米ほどの2LDK。

夫婦それぞれの職場に30分で行ける、築古アパートに住んでいました。

築古なだけあって家賃は格安。子供1人くらいならこれで大丈夫、ということで決めました。
広くはないけれど、2人とも自分の作業机を確保くらいはできる。大きめのベッドも置ける。ソファは小さいものでいいし。快適に暮らせました。

また、待機児童が少ない地域を選びました。しばらくそのアパートに住んでいるつもりだったのです。

子供が産まれた

無事に子供が産まれたのもつかの間。実際に暮らしてみると夫婦二人とも真っ青になりました。

「狭い。」

夫婦2人だったら十分暮らせていた50平米2LDKは、子供が産まれてしまうととても手狭だったのです。

夜寝る用のベビーベッドを置いたり。日中の居場所としてバウンサーやプレイマットを置いたり。赤ちゃん用の服を収納するスペース、小物を収納するスペース、おむつやミルクのような頻繁に使うものを置くスペース。今まで夫婦で暮らせていたスペースはあっという間に埋まってしまいました。

これはまずい。ただでさえ狭いし、赤ちゃんが寝返りをするようになったり、ハイハイをするようになったときにのびのびと動き回れる場所が皆無だったのです。

「引っ越そう」という話に早い段階でなりました。

持ち家?賃貸?

家を探していてなんとな〜くわかったことがありました。

「賃貸で出てくる家はスペックが低い」と。

設備・内装・傷つきやすさ等々・・・ファミリー向けの物件で、綺麗なものを探しても、賃貸ではボロボロのものばかり出てきます。

いいものがあっても大体ものすごく高い。

「だからみんな買うんだ」ということに気づきました。

不動産屋さんによると、ファミリー向けの分譲賃貸はあまり出てこないことが多く、出てきてもすぐ決まる、高い、定期借家などあまり条件が良くないことも多いと。

ローンを組んで買うと月々の支払いは相当低くなります。

そういうわけで、35年ローンを組んで購入!というのは怖かったのですが、購入を検討し始めました。いつかは家を持ちたいという気持ちもありました。

そして、購入に寄った理由のひとつが「買うなら早いほうがいい」

オリンピック後に下がるかどうかなんて結局わからないままです。下がらない説もあります。なので、現在は「欲しくなったタイミングが買い時」なんて言われます。

そして、買うとしたら、できるだけ若いうちのほうがいいのです。
40を過ぎてから35年ローンなんて組むと、安くない残債を退職金で精算なんてことになりかねません。教育費が一番かかる時期に繰り上げ返済ができないと老後資金に響きます。(繰り上げをするかしないか議論はまた別途)
アラサーの今のうちに買って、定年までゆーっくり返すというのが今だったら間に合うのです。

私も夫も転勤のない職だったので、安定して働ける見込みがある程度あるということも大きかったです。

スポンサーリンク

戸建てにするか賃貸にするか

中古マンションを見学

まず最初に見に行ったのは築15年程度の山手線駅最寄りの中古マンション。3LDKです。6000万台でした。

35年ローンを組んだ場合、支払いは月18万程度。山手線沿いで、交通の便がいいからなかなか価値は落ちないだろうということでした。

スペックとしてはもう望んだ通りの物件でした。見学して気に入って、「前向きに検討します〜♪」なんていって持ち帰った後、相場等を調べ始めました。

そこで知ったのです。「現在はマンションが高騰しすぎてやばい」と。

東京オリンピックのせいなのか、アベノミクスのせいなのか。とにかく、マンションは数年前に比べて数千万単位で値上がりしていることがわかりました。見学に行ったマンションも、築年数がある程度経っているにも関わらず、新築時よりずっと高い金額になっているということがわかりました。
噂には聞いていましたが、自分たちが購入を検討しないと実感しないものですね。

これは、安易に買わないほうがいいのでは?という気持ちにもなり始めました。
でも、1度分譲スペックのマンションを見てしまうと、住みたくなってしまうものです。
そして、分譲スペックに住むなら買ったほうがずっと安い・・・の堂々巡りが始まりました。

同じようなスペックの住宅を何件かまわってみましたが、どこも同じ。高いのです。

70平米だと、子供が2人になったり、大きくなってきたら手狭になるのでは?という懸念もありました。結局10年後くらいには買い替えをすることになりそうと。

分譲戸建てを見学

そもそも、「資産価値を気にして山手線沿い」とか、「新築マンションは高いから中古」とか「戸建ては手が出ないからマンション」という思い込みがあることに探しているうちに気づきました。

だんだん知識もついてきて、中古マンションは修繕積立金が高いということがわかってきます。

そんな中、たまたまネットで見つけた分譲戸建てに目が留まります。
全く手が出ない金額だけど、住んでみたいという人も多いセレブ住宅街の分譲戸建て。

内覧やモデルルームに何回か行っていると度胸もつくもので、「冷やかしで行ってみようか」という話になります。

スポンサーリンク

マンション・戸建てそれぞれのメリット

戸建てのメリット

分譲戸建てのモデルルームに行き、(話のうまい)営業マンに、戸建てのメリットをいろいろ教えてもらいます。

  • 現在の市況はマンションが値上がりしすぎている
  • 戸建てはマンションほど値上がりしていない
  • よって、以前は価格から敬遠していた戸建てを検討する人も増えている
  • 今は同じ条件だと戸建ての方が安い場合も多い
  • 修繕にかかるお金は戸建ての方が安い
  • 子育てするなら戸建て、騒音問題から開放される
  • 戸建ての方が日当たりのいい子供部屋を確保してあげやすい
  • 80平米以上の広さを求めるなら戸建てのほうが選択肢が多い

もちろんポジショントークもありますが、信ぴょう性のある情報も多くありました。
裏をとってみるとそれなりに合っている。
(そして、手が出ない価格といえど夫婦の年収で与信枠をフルに使えば一番安い物件くらいは買えたため、猛プッシュされました(笑))

実際はマンションと戸建てとでは予算設定がだいぶ変わってくるので意外と手が届くのですが、その話はまた別の機会に。

夫婦とも戸建て育ちなこともあり、「本当は戸建てがいい」という本音はありました。これはもう気持ちの問題・価値観の問題です。
私としても、最終的に土地が残る戸建てのほうが実質価値があるんじゃないか?と思っていたりもしました。東京は土地の価値が高いですからね。

マンションのメリット

もちろん、マンションのメリットもあります。

  • 共用部・外側の修繕は自分たちでやらなくてもいい
  • 家の中に階段がないので老後足腰が弱っても安心
  • 同マンションの売買実績から値付けの基準がはっきりしており、売りやすい
  • 1階・2階に部屋がある戸建てより侵入されにくい。オートロックもある。
  • 駅近くの便利な場所にある物件が多い
  • 戸建てと違って大手の会社が作っていることが多いので品質に安心できる
  • 物件に関する情報量が多い
  • 共用施設が充実している

戸建ては、マンションからの買い替え希望が多いそうです。それ自体はイメージしていたとおりでした。最初はマンション→子供部屋が必要な時期になってから住み替えるというやり方です。

ただし、いざそれをやろうとしても、なかなかうまく行かず購入希望が立ち消えになることがとても多いというお話もありました。
単純に、売りやすいマンションといえど希望の金額で売れないことが多いそうなのです。
最近は値上がりしていることも多いので残債割れをすることは少ないみたいですが、それでも希望の頭金は確保したいとなるとそれなりの金額で売りたいですからね。

また、私達夫婦の中で大きかったデメリットが、「管理組合トラブルが大変そう。」

マンションは、専有部分は自分の好きにできるとはいえ、共用部も多いです。購入当初は良くても、築10年〜のエレベータ・電源や上下水関係など、生活に直接関わってくる部分の大規模修繕は揉めに揉めるとか。築40年、50年すると建て替えの話で揉めるとか。そのような話を聞いていると、全部自分たちの権限で決められる戸建てとはだいぶ差があるように思えました。

戸建てを探すことに

上記の事情より、我が家は戸建てで探すことになったのです。
現在の市況は戸建てのほうが安いことと。最終的に戸建てがいいと思っているなら、買い替えをするのが大変で面倒という理由が決め手です。

マンションと違って中小の建築会社が作ることが多い戸建ては、やはり品質が気になるところでした。一昔前に、「欠陥住宅」が話題になったこともあります。雨漏り、立て付けが悪い、基礎がしっかりしておらず傾くなど。

ただ、欠陥住宅が社会問題化したおかげで、売主や建てた業者が一定期間(10年、項目によっては2年)品質を保証する「瑕疵担保責任」という制度が始まっていましたので、今はそこまでひどいものが出てくることは少ないようです。中小企業の場合倒産リスクもあるので、瑕疵担保の保険にも入ると。

マンションについては、「マンションブロガー」と呼ばれる人がたくさんおり、新築のモデルルームなどは各物件が価格・間取り・設備などなどをけちょんけちょんに言われてます。マンションは1つの物件に数十戸〜数百戸あり、検討する人も多いため情報が集まり、よく吟味されているようです。

スムログというブログサイトが、有名なマンションブロガーの方が集まって記事を書かれていて、情報量がとても多いです。

そういった情報が1戸売り切りのことが多い戸建ての場合はほぼないので、それなりに知識を身に着けて行かなければいけませんでした。

おわりに

今回は家を買うことになった過程〜マンションか・戸建てか?を悩んだ結果をお伝えしました。

実際の家選びで考慮したこと・住宅ローン・修繕費などお金関係の話はまた次回以降書きたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました♪

↓家を買うときに参考にしたドラマについて記事を書きました。住宅価格がまた上がっている現代、同じ現象が起きていたバブル期について勉強することができます。

スポンサーリンク
おすすめの記事